自分で作ったときの必要金額 - 自分でやってみる会社設立Navi 電子定款編

HOME » 電子定款ナビ » 自分で作ったときの必要金額

自分で作ったときの必要金額

会社設立の電子定款を自分で作るとき、金額はいくら必要なのでしょうか?
これは電子定款を作る環境がどれだけ整っているかによります。
必要な環境がすべて揃っている場合、電子定款を選ぶことによって発生する金額はほぼゼロです。
そしてコレを選ぶことにより収入印紙も不要になりますので、かなりお得な作成方法になるでしょう。

ただ、実際には電子定款をすぐに作れる環境が揃っている方は、少ないことが多いです。
特にハード面の準備物となるカードリーダーは持っていない方も多いでしょう。
これだけが必要になる方は、購入金額として1000〜3000円ほどかかります。
タダですぐに作れるわけではありませんが、必要な金額はこれくらいです。
その他にも準備物はありますが、基本的に料金は無料だからです。
カードリーダーの用意だけでいい方なら、金額面で厳しいことは少ないですね。

もし電子定款を作る環境があまり整っていない場合、かなり金額がかかる場合もあります。
高くつきやすいのは、有料のPDFソフトです。
電子定款で必要になるこのソフトがパソコンに入っていなかった場合、どうしても購入が必要です。
そしてこの金額は、約3万5000円となります。
先ほどのカードリーダーに比べると、ずっと高い金額になりますね。

もっと高くつくのが、使っているパソコンやOSが合わなかった場合です。
電子定款のためには、国が配布しているちょっとした無料ソフトのダウンロードとインストールが必要なのですが、これもすべてのPC環境での動作が保証されているわけではありません。
現在一般的な環境であれば問題ないことが多いですが、そうでない環境では、これらソフトが使えない場合もあります。
そのときはパソコンやOSを変更するため、2〜4万円ほどの出費が必要になりますね。

このように電子定款を作るためには、その手続きに問題ないような環境を作るため、いくらかの費用がかかります。
どれだけかかるかは、それぞれの方の現在の環境によって変わります。
ほぼ無料で作れる方もいれば、数万円近い出費が必要になる方もいますので、必要な金額は作成前に調べてください。

電子定款ナビ | 06月02日更新