自分で署名する方法とは - 自分でやってみる会社設立Navi 電子定款編

HOME » 電子定款ナビ » 自分で署名する方法とは

自分で署名する方法とは

電子定款で会社設立するためには、その定款が正式な書式に沿っている必要があります。
この書式には、電子画面上で行う署名も必要です。
コレを自分でやる方法とはどんなものか、ご紹介しましょう。

まずこの署名とは、ただ自分の名前を入力したものではありません。
これは紙の書類での押印に当たるものですから、専用の署名を用意する必要があるんです。
この署名は、住民票のある役場などでもらえます。
署名の発行手数料は原則無料です。

これは電子データ上の署名になりますので、目には見えません。
書類を発行されるわけではありませんので、気を付けてください。
そして電子データですから、それを受け取る記録媒体が必要です。
これはICチップがついている一部の身分証明書になります。
現在はマイナンバーカードが一般的ですね。
電子署名の発行を依頼すると、このカードの中にそれを発行してもらえます。
これ以外の方法では受け取りができませんから、必ずこの身分証明書が必要です。
ない場合は作る必要がありますが、もしマイナンバーカードがなくても、有効期限の切れていない住基カードがあれば、そちらでもOKです。

このような方法でまず電子署名を発行してもらったら、家に帰ってそれを読み込みます。
このときに必要なのがカードリーダーです。
ICチップなどを読み取れる専用のPC機器ですね。
これがないと、マイナンバーカードなどの中にある署名を、自宅で読み込めません。
この機械は広く市販されていますので、コレを購入しておいてください。

自宅で署名を読み込めたら、あと一歩です。
この署名を電子定款へと添付するために専用のソフトが必要ですが、これは国が無料で配布しています。
これを用意してインストールし、電子署名を添付してください。

これが電子定款に署名する方法となります。
これ以外の方法ではできませんし、電子署名の添付がないものは、正式な電子定款としては認められません。
やや手間がかかりますし、専用のカードや機器などの用意も必要ですが、電子定款を自分で作るなら忘れずに用意してくださいね。

電子定款ナビ | 06月02日更新