格安で行える会社設立 - 自分でやってみる会社設立Navi 電子定款編

HOME » 電子定款ナビ » 格安で行える会社設立

格安で行える会社設立

 

会社設立は、昔に比べるとかなり安い資金で行えるようになりました。
その理由は、株式会社の場合には1000万円以上の資本金が必要で、有限会社であれば300万円以上の資本金が必要だったのですが、この資本金が必要なくなったからです。

その結果有限会社というのはなくなりましたが、その代わりに合同会社や合資会社というのが誕生しました。
どの種類の会社設立を行う際にも、昔ほどの資金は必要ありませんので、格安で起業が可能になったと言えるでしょう。

それでもある程度の資金がなければ、会社設立は現在でも難しくなっています。
会社設立の方法としては、最初から最後まで自分で行う方法と、業者を利用する方法が存在していますが、自分で行ったほうが安い金額での起業が可能です。

しかし、利用する業者によっては、自分で最初から最後まで行うよりも安い金額での会社設立が可能になるのです。
一般的な業者を利用して起業する場合、手数料は取られないことが多いでしょう。

その反面、電子定款は別料金になっているのが一般的ですし、設立後も料金の支払いが発生してしまうという欠点があるのです。
なぜなら月額契約という形を求められているからなのですが、そうすると最終的にはかなり高い料金が必要になると言えるでしょう。

自分で行う場合には、手数料や月額契約の必要はありませんが、定款を行う際に印紙が必要になるので、印紙代でかなり多額の料金を取られてしまうのです。
そこで月額契約を行う必要がない業者に依頼をすることで、電子定款の料金も必要なくなり、書類作成を行う際の手数料も安い料金で済ませることができます。

業者を選ぶときには、電子定款の料金と月額契約が必要になるのかを必ず確かめましょう。
これを行わないと、自分で行う場合よりも高い費用が必要になるので、しっかりと情報収集をしておかないといけません。

税理士系や会計士系の業者に助けてもらう方法もあるのですが、これは最も多額の料金が必要になる上に、顧問契約を行う必要が出てくる場合があるのです。
顧問契約はかなりの料金が必要になるので、中小企業では支払うのが大変になることも珍しくはありません。

顧問契約は経営がうまくいって、大手企業の仲間入りをしてからでも遅くはないでしょう。
できる限り格安で会社設立を行うのであれば、事前の情報収集に時間を割く必要があります。

よい業者を見つけられれば、相当費用が節約できるでしょう。
逆に見つけられずに別の業者を使った場合、相当な費用が必要になる可能性もあるので、十分注意しないといけません。

電子定款ナビ | 08月27日更新