会社設立で節税するなら青色申告 - 自分でやってみる会社設立Navi 電子定款編

HOME » 電子定款ナビ » 会社設立で節税するなら青色申告

会社設立で節税するなら青色申告

 

会社設立をするなら、考えておきたいのが税金の申告です。
主に確定申告と呼ばれるものですが、これは法人でも個人でも必要となります。
日本では会社や企業に対して優遇している面もありますが、それでも税金は個人でも法人でも平等になるように徴収しています。
その中で、やはり重要となってくるのが節税です。
税金を節約することができれば、経営や運営も上手くいくことが多いと言えるでしょう。
もちろんその限りとは言いませんが、しっかりと経営や運営をしていくなら、税金についても計算し、必要な分に関しては納税することが国民の義務です。
個人の場合であれば個人事業主やフリーランスとして申告を行っている方が多いです。
法人の場合であればそれぞれの会社形態ごとに申告を行っています。
どちらにしても申告は必要となってくるので、税金の確定申告についてはしっかりと考えておくようにしましょう。

確定申告には大きく分けて2つの種類があります。
1つが白色申告で、もう1つが青色申告です。
これらの違いに関しては、複式簿記などによる帳簿の保管義務にありました。
しかし、近年の場合は帳簿の保管が義務となり、白色申告でも青色申告でもしっかりと計算して会計や簿記に使った帳簿を保管することが必要となっています。
つまり、どちらにしても取引の内容を転記し、保管することが必要となっているということです。
そうなった結果、白色申告も青色申告も手間や面倒に関しては同レベルとなったと言えるでしょう。
今までは白色申告だと決算書なども必要なく申告できたため、多くの個人事業主やフリーランスなど、自営業の方が活用していました。
しかし、どちらにしても帳簿の作成と保管が必要となったため、近年は青色申告にしている方も多いです。
ちなみに、申告方法によって控除額が異なり、青色申告の方が節税に対する効果も大きいと言われています。
帳簿さえ作っていれば損益計算書や貸借対照表、決算書なども作成が可能です。
どちらにしても会社設立を行って運営・経営していくためには、青色申告が必要となります。

どちらの方法を選ぶかというのは自由ですが、会社や企業のほとんどは青色申告です。
何かわからないことがあるという場合は、税理士に相談してみてはいかがでしょうか。
事実、多くの企業や会社では税務をすべて税理士に担当させているということも多いです。
専門知識がある税理士は頼りになるので、申告が必要な時には相談してみてはいかがでしょうか。

電子定款ナビ | 10月27日更新